鶴吉、今日も乾杯。釣りに乾杯。魚に乾杯。

日々の出来事について書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

号外 日本文理ベスト4



今日は難しい試合になると思ってましたが、突破してくれました。

飯塚投手は力を抜いた素晴らしいピッチングでした。
あの投球は、鶴吉が理想としていたピッチングです。
鶴吉の技術が確実に後輩達に受け継がれていることを確認できて、大変に嬉しいぞ。

次は日曜日に三重高校だ。
ひとつひとつ、大切に戦って行こう。
そして、今度こそ日本一だ。

ガンバレ、クロダイ君(56cm)
スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金) 23:48:09|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新潟西港の思い出

鶴吉は、親父に1回だけ海釣りに連れていってもらったことがあります。

小学生の頃だったと思いますが、なぜ突然、親父が釣りに連れていってくれたのか全くわかりません。
イソメ系を付けてのチョイ投げだったと思うのですが。

普段、釣りに出かけたことが無い親父が、投げ方まで教えてくれました。

場所は、新潟西港だと言っていたのを記憶しています。

なぜ急に海釣りだったのでしょう。投げ方はいつ覚えたのでしょう。
友達と行った後だったのでしょうか?
職場の人と行った後だったのでしょうか?
きっと、そんなところでしょう。

あれはいったい新潟西港の何処だったのでしょう。
その場所に行き着くことが出来るか、西港へ行ってみることにしました。


この地図は西港近くの釣具屋さんのHPより拝借。
今度、お買い物にいきますから・・・

西港のメインは、西突堤を中心とした信濃川河口の西側のようです。

西側河口から東側をみて。ルアーを投げている人がいました。
ちょうど、西突堤の付け根のあたりで、信濃川対岸を見たアングルです。


日本海側を見て。
左手に見えるのが西突堤です。

ここでは、投げ釣りをしている人が数名おりました。

港と言っても、こちら側は信濃川ですから、水は濁っています。
汽水域と言っていいのかなぁ?
完全に川に思えるんだけど。


人気のポイントは、堤防の外側のようですので、西突堤に上がってみました。

途中で左手にカーブしています。

あれ?
堤防が濡れています。


オッと危ない。
まだ、日本海は荒れているようです。

この西突堤は、先端が人気なんだとか。
但し、1.7kmとか1.8kmとかあるそうです。
重い釣り道具を持って、歩くのでしょうか。歩くしかありませんが。
以前は、二輪でこの堤防を移動したそうです。

西突堤の先、新突堤、新新突堤は渡船で行くみたいです。
クロダイがいっぱい釣れるらしいです。

鶴吉の新潟の友達で、この辺の釣りに詳しいやつはいないのかなぁ。
どこで、どんな釣りをしていいのやら、全然わからんち。


あの赤灯台まで1.8km。
この日も打ち寄せる波を避けながら、西突堤を歩く釣り師がおりました。

鶴吉はちょいと怖くて、向こうまでいく根性がないんだなぁ。
  1. 2014/08/14(木) 09:12:18|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本文理 初戦突破

高校野球、真っ盛りですな。
昨日、8月12日は新潟県代表、日本文理高校が初戦を突破しました。


今朝の新潟日報の一面です。

「猛打で初戦突破」
ん~。
13安打で5得点。

13安打は立派。
ただ、ツーラン2本で5得点が鶴吉は気に入らない。
13安打でタイムリーが1本ですからね。

決して上手くはないのでは?
打撃に自信があるといっても、いいピッチャーに当たったら、そんなに打てないよ。

でもね。特別に応援したいことがひとつ。
それはショートストッパーの彼。

2番、ショート、クロダイ君。
いい名前だ。
イケイケ、クロダイ。

話は変わって、本日の第二試合に登場した鹿児島県代表、鹿屋中央高校の監督。

山本シンヤ監督ですって。
ごめんなさい。笑ってしまいました。
  1. 2014/08/13(水) 11:35:37|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の白山、台風11号のあと


先月の白山も台風の後だったのね。

7月12日、台風8号。
そして今回は、台風11号。



コシヒカリが大きくなりました。
  1. 2014/08/10(日) 23:46:01|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森立峠

8月10日 日曜日。

昨日の興奮も冷めやらぬうち、新潟に帰省したのでありました。

最近は、新潟側のルートを毎回変えています。
今回は長岡から森立峠を越えて、栃尾へ抜けて故郷へ帰るルート。
なぜここを選んだかというと、河井継之助のことを調べていたら、この峠が出てきたのでした。

長岡で敗れ、会津へ逃れるルートがあまりにも過酷で、行ってみたいとなったのです。
でも、最初は森立峠だけね。それも車で。
見附の方に廻ったという説と、この森立峠を登ったという説があるらしいのですが。

長岡から栃尾方面。

森立峠。もったて峠と読むらしいです。

栃尾から長岡方面。


峠から長岡市内を臨む。


ここも走り屋さんがいるのね。
スリップ痕がたくさんありました。

えらい勢いで降りてきた車が2台。
カーブが多いので、車を止めての撮影もままなりません。

走り屋さん専用の場所を、提供する訳にはいかないか。


この道も歩いてみたいけど、クマさんがいるんじゃちょっとねぇ。

おそらく、河井継之助はこんな道を通ったのではなかろうか。
  1. 2014/08/10(日) 23:31:03|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴吉、自己ベスト

8月9日 土曜日。

夏休みをもらいまして、新潟に帰る予定だったのですが、少し事情が発生しまして、帰省は日曜日になりました。

突然のヒマというのは、けっこう楽しいのね。これが。

台風11号が四国に近付いているため、関東地方も雨の予報。・・・午後から。
うねりは4mから5mとか。
こんな時は魚は港などに避難するという。
本当かなぁ?
ただ、人間が磯や沖合で釣りが出来ないだけなのではないか?

午前中限定で、急遽、釣りに行くことにした。金曜日の夜の時点。
出発は朝早く、昼前に退却の予定。
午後からは雨の予報だから。

ひとりでは心細い。夜11時。キンコちゃんにダメもとでメール。

すると、天気が心配だか行くとのこと。
午前中だけの短期釣行。天気予報の時間のズレがあれば、出来ないかもしれない。

鶴吉はそんなことも考えて2時くらいには出発したいのだが、キンコちゃんのことを考えると、4時が限界。

そんなんで、突然の久々釣行に行って来ました。

行き先は天気予報の悪い順に沼津、三浦、外房。
信頼性に不安のあるヤホー天気予報ではあるが、雨になるのは外さないだろう。
問題は何時から降り出すか。

12時から雨予報が出ている三浦に決定。
本当は沼津に行きたいのだが、行って雨だったらショックが大き過ぎる。

荒れたらココって決めていた港があるのですが、行ってみると先客でいっぱい。
荒れているから、考えることはみんな一緒のようだ。

キンコちゃんの提言で、三崎港のココに決定。


先客のお兄さんお二人にご挨拶して、何とか端っこに入れさせてもらいました。

そういやぁ、ここは鶴吉が釣りを始めたばかりの頃によく来たところだ。
ここで団子釣りは初めて。

出来るかなぁ、団子釣り。
潮はちょうど止まった感じ。

キンコちゃんは浮き釣りで、鶴吉が団子のため、キンコちゃんは潮に流され、鶴吉は団子が割れるまでは流されない。

つまり、潮の流れが緩いとはいえキンコちゃんが潮の上手にいるとクロスします。
上手にクロスしないようにしていたのですが、とうとうクロス。

キンコちゃんが回収のためマキマキすると、鶴吉のウキも動く。

ん?あれっ?
チョット待って! 何か付いてるみたい。

キンコちゃんがマキマキをやめても、鶴吉のウキがスーっと動く。

釣れたぁ! 少しデカイかも。

いい感じの引き。
何とかキンコちゃんとのクロスを解除。

ボラかも。けっこう引くよ。

グーグッッグーっていう引きはボラでしょう。
ボラでもいっか。

キンコちゃ~ん。タモお願い。上がんない。

それにしても、しぶといボラ。
なかなか上がってこない。

ようやく、タモの準備が出来たキンコちゃん。

ボラもようやく上がってきた。足下に潜り込まれないように慎重に。

ようやく見えてきた。
口がデッカいボラだ。



ん?
細長くない。
平べったいぞ。

何?デッカいぞ。
やったあ!チヌだぁ。

タモに入った。
上がった。

上がった魚をみてビックリ。デコ~。



何これ?

「マダイですね」
いつの間にかギャラリーが。

「黒じゃないですね。赤ですね。養殖から脱走したんですかねぇ」

「随分前に脱走したみたいですね。色がね」

赤でも嬉しい。
ヤッター、ヤッター!

その後はあいつやらこいつやら釣れましたが省略します。



帰ってから計測。


56cm。自己ベストです。

ボラ以外での今までの自己ベストは、24cmのカイズ。
33cmのアイゴ。

40cmをすっ飛ばして、一気に56cm。
黒をすっ飛ばして、赤です。

こんなのがいるんだぁ。こんなのが釣れるんだァ。

一番驚いているのは鶴吉です。



外が荒れているから入ってきたのか。
スーパームーンだから異変がおきたのか。

次はこのマグレに奢ることなく、30cm台のクロダイを狙います。

  1. 2014/08/09(土) 23:16:44|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鶴吉VS.亀吉

ガメラVS.ギャオス。1967年の作品だそうな。


鶴吉の町には、映画館がその当時はあったから、おばちゃんに連れられて観に行ったかもしれない。
映画館は何回か行ったよね。
何みたっけ?

子供の頃観た映画って、覚えてないんだよね。

大阪のおばちゃんが帰省すると、ひとつ年上の従兄弟と、妹と、四つくらい年下の従姉妹と、おばちゃんが連れてってくれた。
それはよく覚えている。

おそらく、ガメラ対ギャオスを観てんだろうなぁ。
むかしむかしの、思い出話になったなぁ。


ここからは、鶴吉が職場の近くのクリニックに行った時のお話しなんだけど。

そのクリニックの待合室には、水槽がみっつもあり、金魚が仲良く泳いでいた。

ん?仲良く?
仲が良いかどうかは知らないけれど、元気に泳いでいた。

その水槽の中で、ひとつだけ変な水槽があった。
それがこちら。


何かいるぞ。

亀がいる。


水槽の横幅が100cmくらいあるから、けっこう大きい亀だよ。


何ていう種類の亀だろう。


このクリニックは、いつも混んでいない。
今日も鶴吉ともうひとり。
会計のお姉さんに亀の写真を撮らせてくれって、お願いしようかなぁ。
でも、待合室には誰もいなくなったので、黙って撮り始めた。


水槽の半分にかかっている植物が、けっこう邪魔で、いい感じの写真が撮れない。

可愛い顔してんじゃん。
チョットこっち見て、チーズ。

この亀、泳ぎ回るものだから、写真を撮るのが難しい。

指を出すと寄ってくる。


おいで、ほら、おいで。




すろと、突然。

どぴゃっ!!



ギァ~www.
あぶねぇ。指をかじり取られるところだったぞ。

鶴吉VS.亀吉の戦いでした。
おーこわ。
  1. 2014/08/07(木) 23:39:14|
  2. 発見
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。