鶴吉、今日も乾杯。釣りに乾杯。魚に乾杯。

日々の出来事について書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四国巡礼の旅②

あっ、そうですね。

瀬戸内の海はどうなっているか?


瀬戸大橋からの瀬戸内海です。


きれいな景色で気持ちいいですね。

今回、海が見れたのはここくらいかなぁ?

お客様の所を出たのが19時過ぎ。高速で丸亀まで行き、瀬戸大橋線、山陽新幹線と乗り継ぎ、新大阪泊。

翌日は大阪で打合せだったのです。
四国の案件が収まったら、是非とも打上げは四国で。


さて、四国巡礼の旅はあっという間に終わりました。
山陽新幹線はさくら号に乗車です。


初めてのさくら号。
社内は1列4席で、落ち着いております。
とってもウッデイです。


座席もこんなにゆったりとしています。


今晩のおつまみはメザシです。
これは日本酒にバッチリなんですねぇ。


今週末はどうか天気が良いことを願います。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/25(火) 23:50:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

四国巡礼の旅①

本日、6/24 月曜日。
最近、釣りも仕事もパッとしない鶴吉。
四国巡礼の旅に来ています。なぁんて、仕事なんですけどね。

いつもと同じくらいに家を出て、新幹線で岡山まで3時間強。
岡山から瀬戸大橋線で1時間弱。
鉄道で4時間の出張は、巡礼の旅のようなものでしょうか。

飛行機の場合、最終目的地か松山空港と高松空港の中間地点のため、同じ時間がかかるんです。
飛行機が苦手な鶴吉は、こちらの方が良いのですが、少々疲れますね。

ランチはもちろん讃岐うどん。
毎回、当地の社員が別なうどん屋さんに連れてってくれます。


皆が釜あげうどんを注文するものですから、鶴吉も釜あげの大。
アジフライと、タイちくわをトッピングして500円。

タイちくわって何でしょう?
瀬戸内でとれたマダイで作った竹輪?
味は普通の竹輪でした。

あとの報告は別にして、今日はここまで。
  1. 2013/06/24(月) 23:59:44|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「お魚アイゴ団体」

なぜ「お魚アイゴ団体」なのか?
そんなことを少し綴ってみます。

魚釣りをしたことがある方なら、うすうすその理由は感じとっていただけると思います。


本当はチヌやメジナを釣りたいのですが、何故かアイゴしか釣れない。

アイゴは毒魚なので、皆に嫌われます。
食べても、独特な臭いがするため嫌われます。
でも調べてみると、和歌山や徳島では美味として好まれているようです。

アイゴの内臓を見た人はあまりいないと思いますが、グルグルパンパンで強烈です。
そして、その臭いも。

すぐに内臓を取り血抜きをすれば、臭いは薄くなるようです。
さらに、帰ってから皮のヌルヌルが無くなるまでゴシゴシ。
一晩冷蔵庫に寝かすと、あら不思議。
臭いは全くなくなります。

干物にしたことはないのですが、干物は酒の当てに最高なんだとか。



アイゴは嫌われる魚。
足で蹴って海に戻したり、殺してから海に戻したり。

「必ずやれよ。そうしないと、来年もアイゴ地獄だぞ」
と、アイゴをリリースした連れを怒鳴りちらしたおっさんを、目の当たりにしたことがありました。

アイゴ地獄はたまりませんが、そんなことしてもアイゴの数が減るとは思えない。
そして、食べないのに殺すという行為が鶴吉には理解できません。

そんな経験をしていると、なんだかアイゴに愛着がわいてきます。
またアイゴかよ。
どうしてアイゴしか釣れないんだろう。
でも、引きは強かったよなぁ。
まあ、どうせ俺たちにはアイゴしか釣れねえんだし。

少々の自虐と負け惜しみと、それに愛着が混じり合い、ある時、俺たちのチーム名は「お魚アイゴ団体」だって、思いついたのです。

アイゴの毒には幸いにもやられたことはありませんが、けっこう強烈らしいです。
頭の後ろにもかくれてますから、取り扱いにはくれぐれも注意しましょう。

今後とも、我々「お魚アイゴ団体」ともども、アイゴを宜しくお願いします。
  1. 2013/06/20(木) 07:53:13|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

勝浦港NOW www



もう、1番風呂に入ってきたぜ。
何故か、鶴吉だけが眠れない。
  1. 2013/06/15(土) 05:07:41|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いつも突然やって来る

6月8日 土曜日

前回までは2回連続で、長井港での堤防釣りだった我ら「お魚アイゴ団体」。
磯へ行きたくなった鶴吉の一方的な提案により、城ヶ島へ行ってきました。

長井港も楽しかったのですが、やはり磯は違った刺激があります。
とは言っても、我々の磯は安全なところ。
堤防釣りとあんまり変わり無いか。

いつもの場所です。
危険そうにみえますが、おいちゃんともしもし君がいる辺りは平坦で安全です。
潮が引いてると観光客が 「何が釣れるんですか?」ってバケツを覗き込む。
そんな磯です。

さて、いつもより1時間早く、6時には磯に立ってました。
本日は大潮、10時に干潮。16時に満潮。風無し。
絶好の釣り日和。
さてさて、どんな大物が釣れたんでしょうか?

またまた、自分勝手な釣りを開始。
もしもし君は、投げサビキでサバやイサキを狙うんだとか。
(イワシ釣りにならないように!)

おいちゃんは、先端でウキフカセ。本日の狙いはメジナでしょうか。

アイキ君は「猿山に行ってきます」って、お隣の磯山の向こう側へ行ったきり、最後まで戻ってきませんでした。
恐らく、穴釣りのような感じなのでしょうが、姿が見えないのでわかりません。
一緒に来た意味があんまりないような気がしますが良しとしましょう。

鶴吉は悩んだあげく、ワンドで団子釣りにチャレンジ。
狙うは勿論、まだ釣ったことがないアイツ。

最初に遭遇したのは江ノ島。
忘れもしない人生初の団子釣りで、鶴吉をもて遊んでくれたアイツ。
もて遊んだ奴はこちら

二回目の遭遇は先月のこと。
その時も突如としてやって来て、そして去っていく。
ひとり荒野へ去っていく荒くれ者はこちら。

狙うは黒いアイツですが、デッコイメジナでも鶴吉はOKよ。
磯での団子釣りは難しいですが、アイツにチャレンジです。

あれ?
キンコちゃんの本日の釣り方は?

な、なんと、
鶴吉が団子で寄せたチヌを隣で釣り上げる作戦だそうで。
鶴吉の横に並んでワンドでウキフカセ。
「クロダイ横取り大作戦」なんだと。
そんなにうまく行かないよ。


そんなこんなで、観光地での磯釣りのゴングは打ち鳴らされました。

磯での団子釣り。
難しいのは棚取りと打ち寄せるうねり。
今日は風が無く、うねりも小さい。

棚は5m弱ですが、投げるポイントによって大きく違います。
同じ処に投げ続けることが出来るかが、本日の課題。

キンコちゃんのウキに反応が。
出ました。久しぶりに金魚の姿。

鶴吉のオキアミは、丸残りか頭だけ囓られている状態でウキに反応は無し。

キンコちゃんは反則ギリギリのラインにウキを流す絶妙なコントロール。
さすがだなぁ。

何となく団子の割れ具合が気に入らないので、おから団子を追加して調整。

何とかいい感じの割れ方。
団子が割れて、ウキがゆっくりと上がり波にプカプカ。

そして、ゆっくりと沈んで・・・
さらにユラユラと沈んでいく。
来たッ!

おりゃ~!
グッっとあわせて。

ゴンゴン!グッ~
あ~、持っていかれる。

ウリャ~~


キンコちゃん。
立てて!
竿立てて。
早く!
早く!
潜られますよ。


そんなこと、君に言われなくたって解っとるわい。

ウキが手前の岩礁の中に一直線。

根に入られてしまった。
入ってしまうと、急に静かになりじっとしている。
くっ、クッ◯ぉ~
クッ◯ぉ~!


引っ張ろうが立てようが、出てくる気配は全くなし。
時折、グッグッっと生物反応あり。
これで万事休すか。でも諦めるもんか。

常にテンション掛けて疲れさせる。
油断させといて急に引っ張る。
ダメだ。

もしもし君を呼んで潜ってもらえないかお願いしても断られ、命令しても笑って取り合ってくれない。

「10分くらい放置したら出てくるかもしれませんよ」
だと、ぬかしやがる。
「まぁ、クロダイ上げて下さい」
と捨て台詞を残して自分の釣り場へ戻りやがる。

「キンコちゃん、どうしよう?」
半ベソの鶴吉に、キンコちゃんの声が遠く聞こえる。
「5分くらいにしたらどうですか? そのすきにエイッ!」

なんと、鶴吉のポイントに竿を出す始末。

キンコよ、お前もか!
5分とか10分とか時間の問題ではないぜ。



諦めるに諦め切れない鶴吉です。
根に対して一番角度のない場所に移動して、強めたり弱めたり。
話し掛けたり泣いてみたり。

とうとう我慢できずに、ウキが少し出て来たと思った瞬間、勝負に出た鶴吉。
シュパっと軽くなり、アイツ以外は針まで全て回収できました。
針には赤いものが。口切れしたのでしょうか。
そんなに痛い思いをしてまで、鶴吉には釣られたくないのね。

ここがアイツが逃げ込んだ根です。

写真左側の海中に、見えにくいですが岩礁があり、その下の奥にアイツは潜り込みました。

8時前のことでした。
恐らく戦いは5秒。
鶴吉には20秒くらいにも思えますが、ポイントからこの根まで3m。
おそらく、5秒で勝負がついたのです。

気を取り直し、もう一度チャレンジ。
悔しがるのは後回し。目の前のアイツにもう一度戦いを挑む鶴吉。
カックい~

1時間も立たない頃、全く同じポイントで全く同じような団子の割れ方。

そして、ウキがス~っと沈み、がっと合わせて、

ほら来たっ!
乗ったぜっ!

今度こそ!

ウリャウリャ~

潜れるもんなら南半球まで潜ってみろってんだ!

ウリャウリャ~


ん?
さっきと違う。

あっさり海面まであがる。

キンコちゃんが言いました。
「あっ。アイゴだ。」

馬鹿野郎。俺より早く判断するんじゃねぇ。
アイツかもしんねぇだろ。


ほんとだ。
アイゴだ。

あっさり引っこ抜く。

キンコちゃんの言うとおり、どこから見てもアイゴだ。

立派な背ビレがカックい~。
アイゴだ。

大きさは?
またもや28cmで30cm越えならず。

でも、思い通りの釣れ方。
気持ちい~。
今のは納得のいく釣り方でした。

さて、キンコちゃんの釣りの行方は?
キンコちゃんに釣れるのは、相変わらず金魚で、団子釣りの鶴吉に金魚は釣れない。
これが団子釣りの威力か。


「クロダイ横取り大作戦」などうまくいくはずもなく、メジナもアイゴも掛からない。

と、思うでしょ。

それが、うちのキンコちゃんは違うのよ。

来たっ!
鶴吉さん来ました!

デカイ!


で、あっさりと釣り上げたのが、こちら。

鶴吉のを軽く上回る34cm。

団子釣りが28cmで、横取り作戦が、いや違った、ウキフカセ釣りが34cm。
団子釣りの面子も簡単に打ち砕くキンコちゃんの運の強さ。
いや、違ったテクニック。

恐れ入りました。

午後になり、上げ潮で雰囲気は最高なのにサッパリ。
キンコちゃんが、中学生アイゴを追加しましたが、鶴吉はサッパリ。
完敗です。
今日もまたまた完敗です。

3時前に団子がなくなり、皆のエサも尽き終了です。


さてさて、ほかのメンバーの釣果は?


おいちゃんは、良型のメバル。20cm。

それから、種類はわかりませんが、メバルと、いっしょに写ってる魚も。

もしもし君は、小さいながらもサバを数を釣ってまずまずの様子。

アイキ君は、カサゴを2尾。
それになんと、ウヅホをつりました。

ウヅホにしては小さい35cmくらいか。
計測不能です。

日が刺して暑い一日となりましたが、今日も楽しい部活動でした。
  1. 2013/06/09(日) 16:06:51|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

詰まった


詰まってしまっては、はてさて、困ってしまいます。
使うことができない物を置くなんて、困った焼きトン屋だ。

なぁんだ。(笑)


詰まっているのは、旨味だったのね。

今日は釣りに行かないので、こんなお話しをしてみました。
  1. 2013/06/01(土) 14:19:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。