鶴吉、今日も乾杯。釣りに乾杯。魚に乾杯。

日々の出来事について書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同僚が逝った日



今日、会社の同僚が急逝しました。
おととい呑んだときは、いつもと変わらず、言いたいこと言い合ったのに。

同じくらいの年頃の娘がいることもあり、家が近いこともあり、酒が好きなこともあり、ゴルフが下手どうし。

関連会社から移ってきて2年。
これから、一緒にやる事、いっぱいあったのに。

今日、彼は会社に辿り着けませんでした。
あいつの笑顔が、頭から離れません。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 23:21:35|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

新潟④ 直央神社

6/23 土曜日。
正午過ぎに実家に到着です。



今回の帰省は、鶴吉の父ちゃんが入る施設が決定したので、手続きや挨拶などのために、急きょ帰ってきた次第です。

鶴吉の父ちゃんは、3年くらい前に認知症となりました。
施設入所待ち状態だったのですか、ようやく決まったのです。

寝たきりになってから、母ちゃんひとりでは介護することができず、施設が空くのを待っていたのです。

肺炎を患ったり、肩を脱臼したりで、病院に入院しておりました。

土曜日の午後は、施設に行き、説明を聞いてきました。
父ちゃんはもう、引越しておりました。

それにしても、近くの施設に入ることができて、よかったです。
近隣の施設すべてに申し込んだのが、一年半前です。
遠いところは、バスと電車を乗り継ぎ2時間もかかるところだったのです。
1番近いところで、ほんと助かりました。
ここなら、母ちゃんも歩いていけます。

土曜の夜は、わらびと蕎麦を食べなから、母ちゃんと乾杯しました。
母ちゃん、鶴吉に似て、酒強いんです。


6/24 日曜日。
朝、目が覚めると、朝食まで時間がありしたので、ちょっくら散歩に出かけます。


実家の裏の方に少し歩くと、川があります。
この川は、滝谷川といい、写真に写っている山から流れてきます。
子供の頃は、ここで魚獲りをして遊びました。

すっかり浅くなってしまいましたが、昔は子供の膝以上の深さがあり、深いところは、胸くらいまでありました。

この川の向こうの小高い丘に、神社があります。

通称、新宮(しんみや)です。


鳥居には、直央神社と書かれています。
直央神社?

はて?
何?この正式名称。

ネットで調べてみたら、
なおひさ神社と読み、村松三万石、
九代藩主堀丹波守直央を祭ってあるらしいのです。

そういや、殿様のお墓があると言われていたのを思い出しました。


ここは鶴吉の遊び場で、子供にとって誰のお墓なのかなんて気にも止めません。

神社の上から、下の鳥居を見たらこうなります。


実はここも鶴吉のスキー場です。
鳥居の向こうの橋は、石で作られた丸みをおびた橋でした。
先程の写真を見るとわかる通り今はきれいな平坦な橋ですが、昔は丸みがあったのです。

上から、鳥居をくぐり抜け、丸い橋を渡ると自然とジャンプします。
その先は、今でこそ住宅が建っていますが、当時は柔らかい雪が積った田んぼですので、橋を渡ってしまえば安全です。

直滑降しかありません。
躊躇すると、鳥居に激突したり、川に落ちたりします。

今思うと、随分と危険な遊びをしたものです。
大人がいたら、やめさせていたでしょうか。

ちがいます。
ここから滑ろと言ったのは、鶴吉の父ちゃんだったのです。

川の土手に、こんな花が咲いていました。


この辺りは、こんな感じの田んぼです。

このあぜ道の横を流れる小川で、ドジョウを捕まえて遊びました。
  1. 2012/06/28(木) 07:43:15|
  2. 自然
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

新潟③ 冬鳥越え 蒲原鉄道

入広瀬から上条の三差路まで戻り、国道290号線で実家に向います。

合併前の守門村を通ります。
ここからは一気に山からおりますので、エンジン切っても帰れるでしょうね。カッコ、嘘

油揚げの有名な栃尾、金物で有名な三条、桐たんすの有名な加茂、そして鶴吉が生まれた五泉市村松まで、約60-70キロ。

一気に下ります。
加茂から村松への途中、冬鳥越スキー場に寄り道です。


ここは、鶴吉が子供の頃に遊びにきたスキー場です。


こうやって久しぶりにみると、ちっちゃ。ゲレンデの下から頂上を写しています。
写真右側から頂上までリフトがありました。
今は、ロープで引っ張る式のリフトが雪降ってから現れるのでしょうか。

小学生の鶴吉は、頂上に立っただけで高くて恐かったです。
当時はリフトなんかお金が無くて乗れません。電車賃は出してもらえたけど、リフト代なんか出してもらえません。
スキーを履いたまま、カニ歩きで中腹まで登るのです。
リフトに乗れるのは、家族で行ったときにたまに乗せてもらえるくらいでした。

このスキー場に寄り道したのは、これが展示してあるからです。

今はなき、蒲原鉄道の電車です。
加茂、村松、五泉を結ぶ私営の鉄道です。

最初に加茂、村松間が廃線になり、その後、村松、五泉間も廃線になりました。

鶴吉は、この電車を利用して高校へ通学していました。
もちろん、このスキー場にくる時も蒲原鉄道の電車で来たのです。


車内はこんな感じで、床は木造です。
説明には、半鋼製電車と書いてあります。


これが半鋼製電車なら、その前は、木造となります。

木造電車はこちら。


中はもちろん木造です。


運転席は、こんな感じです。


さすがにこれには乗ったことはありません。

電気機関車もありました。




除雪用として利用されていた記憶があります。

鶴吉、鉄道ファンではありませんが、これは涙がちょちょぎれるほど、懐かしいのです。

さて、鶴吉の実家はここから15分くらいです。

つづく。
  1. 2012/06/27(水) 00:02:07|
  2. 自然
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

新潟② 入広瀬

6/23 土曜日。

只見線。
新潟県の小出から、福島県の会津若松まで走るローカル線。
去年の台風の影響で現在は不通となっているようです。
その隣りを沿って走る国道252号線も通行止めのようです。

その道を走ります。
上条というところから、290号線を行くのですが、今回はもう少し足を伸ばしてみます。

寄り道の目的地は入広瀬です。
市町村合併で、現在は魚沼市ですがそれまでは、北魚沼郡入広瀬村です。
中蒲原郡出身の鶴吉にとって、入広瀬村は、雪深く神秘的な遠い街なのです。

なぜ、入広瀬なのか。
それは偶然です。

小出インターを降りたのは、寄り道してみたかったので、何となく降りたまでのこと。
いく宛てなどありません。

小出インターを降りた所で、一般道で実家までカーナビ検索したところ、予想外のルートを案内してくれました。

それが今回のルート。
只見線に沿って、上条まで252号線。上条から、290号線。
関越道に沿って17号線を案内するのかと思ってました。
本当に近いのでしょうか。

上条の先に、入広瀬をみつけたので、ちょっと寄り道です。


さて、この写真。
雪国観光会館とあります。
カーナビでは、入広瀬駅です。

駅のようで、観光案内所のようで。
でも、駅員も乗客も誰もいません。


只見線コーナーという、展示棚があります。でも、なぜここにカモシカの剥製があるの?

こんなものまでありました。

真ん中に、逮捕の文字。ご協力ありがとうございましたとあります。
この辺は、駅といった感覚。
ここまで貼り出されていたのですね。
逮捕されるまで、この似顔絵はすっかり溶け込んでいましたね。
逮捕前にここに来たとしたら、おそらく、この似顔絵には気づかなかったでしょうね。

それにしても、似ていない似顔絵だこと。

ここには券売機がありません。本当に駅なのでしょうか。
おそらく、切符は電車の中で買うのでしょう。


時刻表もありせん。
電車がくる気配もありません。

いや、失礼。電車ではありません。

駅のホームより、小出方面の様子です。
電線がありませんので、ガスカーかディーゼル車が引っ張るのでしょう。


駅のホームから、観光会館を見た感じ。

おそらく、この建物は文字通り観光会館なのです。それでは駅はどれか?
鶴吉が今立っているホームが駅なのではないでしょうか。

“観光会館”の前の畑にこんな花が咲いてました。

花はこんな花です。

じゃがいもの花かなぁ。
葉っぱがじゃがいもですよね。

少し戻ると、道の駅があります。

ちょっと寄ってみました。

山菜がたくさん取れるようです。
わらび、ぜんまい、ふき・・・
後は鶴吉も名前がわからない山菜がありました。
わらびは取れたてのが、ひと束¥100。
安ぅ。
地元と思しきおばちゃんが、これなら山に行かないでここで買った方が、などと言っとりました。
いやいや、おばちゃん。
山に取りに行ってください。地元の方は、山で取る。
そのおすそ分けを鶴吉のような者が買って行くのです。

わらび2束と、へぎそばを購入。
田舎の実家のお土産としては、何ですが、お菓子よりこうゆうのを喜ぶのです。


近くに池がありました。
ニジマスが泳いでマス。

近辺の案内図です。

地図の右側が福島県会津若松です。
左下に伸びる道が、小出から鶴吉が来た道です。
そして、上の方に行く290号線が、これから鶴吉が帰る道。
新潟の山沿いを北上して、新発田まで続きます。

通行止めの案内もありました。

以外にも、すぐ近くで通行止めとなってます。
この道を走ってみたいなぁ。
只見線、乗ってみたいなぁ。
皆さんも只見線の写真は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。
紅葉の写真を探してみてください。

去年の台風の被害をまだ復旧できていないとは。
どんな壊れ方をしているのでしょう。

今回は、ここまでにします。
次回は、きっと実家に辿り着けるでしょう。
  1. 2012/06/26(火) 07:43:56|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟① 関越道

鶴吉、6/23、 6/24の土日に新潟へ行ってきました。

今回は、ひとりでの帰省です。

6/23(土)
6時に出発。予定より1時間遅れです。
関越道の花園の辺りを7時前に通過したいのです。
土曜日の朝は、よく渋滞になるからです。
しかし、金曜の夜に呑みに行っちまったもんだから、目が覚めませんでした。

関越道までのルートは、246⇒環七⇒豊玉陸橋⇒練馬です。
朝は、高速使っても、このルートでもあんまり変わりません。

朝食は、環七で朝マック。ソーセージマフィンとコーヒーのコンビで¥250です。
渋滞することなく、関越道に乗れました。

最初の休憩は、嵐山パーキング。
何度も関越道を利用しましたが、嵐山は初めてです。


自然豊かなところと聞いて、一度は寄ってみようかと思ってました。

確かに、周りを眺めると自然がいっぱいとゆう感じですか、パーキングなので見るところがそれほどありません。
機会があったら、この辺を散策してみましょう。

梅雨の中休みで、ドライブも気持ちい~です。
懸念していた花園辺りでも、今回は渋滞がなく、スムースに通過できました。
この辺りは、少し上り坂となっていて、自然に渋滞するのです。

二回目の休憩は、お得意の赤城高原サービスエリアです。
ここは、空気もきれいだし、新鮮な農産物が売っているので、毎回立ち寄ります。


まだ残雪がみえます。


↓この辺りの峠を越えて新潟にいきます。


ショップの裏の広場には、こんなキノコがいっぱい顔を出してました。

おそらく、食べれません。

さて、いよいよ関越トンネルに向います。
トンネルを抜けるとそこは雪国です。

全長11キロのトンネルは、真ん中に県境があります。
今回は、トンネルを抜けたとたん、そこは快晴です。

トンネルを抜けたのが9時頃です。
さてと、どこに寄り道しましょうか。

トンネルを抜けると、湯沢、塩沢、六日町、小出と続きますが、小出で高速を降りてみます。
本来は、長岡の先、新潟の手前、燕三条で降りるのが一番近いのです。

国道17号線に出て、新潟方面へ少し走ってから右折します。
道路標識には、会津若松と書いてあります。
小出から会津若松に、ローカル線只見線が通っています。
その横を少し走ってみます。

次回に続く。
  1. 2012/06/24(日) 13:44:13|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

豪雨

22日朝までの雨量はいずれも多いところで東海で150ミリ、関東甲信で100ミリと予想されている。
四国や紀伊半島では、台風4号から500~700ミリ降りました。
NHKニュースより。

鶴吉は、一番激しい時に家をでて、駅に着いたら、ビショビショです。


あざみ野駅前の交差点。この後、天空のバケツがひっくり返りました。
  1. 2012/06/22(金) 07:12:43|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の焼きトン

いえーい。

久々のの焼きトン行ってきましたぁ。
8時過ぎまで仕事して、今日はこれでお終い。
帰ろう。飲みいこ。

周りを見渡したら、誰もいないやん。
いつ帰った?
黙って帰るな。馬鹿野郎!

と、キンコちゃん、現る。
別な部屋で仕事してたもよう。

「キンコちゃん、焼きトンいこ?」
と、誘ったら、ニッコリOK。

頑張ってくれてる人たち、誘って行こうと思ってたのに。
みんな、黙って帰りやがって。

しょうがねぇなぁ。

焼きトン、一通り食べて、ホッピーぐびっと呑んで、明日もひとやまありそうだから、さっと切り上げました。

気持ちい~。
ストレスはっさぁ~ん。


この花ようじは、宴会芸で鼻にするやつだ。
なんて、馬鹿なこと言って、適当に酔っ払って、帰る電車の中です。

昨日より、早く帰れるみたいだ。
  1. 2012/06/21(木) 22:05:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

イワシとアザラシ

先週は、三浦の松輪の磯にカタクチイワシが大量に打ち上げられた。
その数、何万匹という数です。

クソ~。そこに居合わせたら、一儲けできたのに。
それより、何かがイワシをワンドに追い込み、酸欠死したのではと考えられてるようだ。
その何かが何であろう。
ワラサか!マグロか!
その場にいたら、釣り上げてやったぜ。

今週は、相模川河口にアザラシが現れ、衰弱して昨日、保護されたらしい。
流氷があるような北の海に生息する「クラカケアザラシ」か「ワモンアザラシ」の子供ということだ。

昨日の台風で、東海道線が止まり、平塚に住む同僚は、3時に家に辿りついたらしい。
電車の中で何時間も過ごしたらしい。
人間は保護されなかった。

  1. 2012/06/20(水) 22:25:30|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駒沢大学から豪徳寺、烏山川緑道

本当は、冷奴をイメージしていたのですが、厚揚げを選択。

少し焦がして、万能ねぎと茗荷で
かんぱーい
昨晩の晩酌のお話でした。

さて、本日のお散歩。
前回は、駒沢大学前で終了。こちらです。

今回は、駒沢大学前から豪徳寺まで歩いてみようと思います。

駒沢大学前駅西口から、西へ歩きます。今日は、いつもより早目の11時出発です。

弦巻通りを歩きます。
この道は、歩道とチャリ用道が分かれていて安心です。


そして、この道はガクアジサイが満開です。


この愚Blogは、すっかり紫陽花付いてしまいました。

ピンクのガクアジサイもご覧ください。

豪徳寺でランチのつもりでいたのですが、腹減ったぁ。
ぶらぶら歩くものだから、もうすぐ12時です。
通りがかったファミレスで軽くランチ。

ご馳走様でした。

進路を北に変え、弦巻通りとはここでお別れ。世田谷線上町をめざします。

上町駅を通過すると、間もなく豪徳寺です。
途中、お菓子屋さんをみつけました。
「世田谷の輪」なる、揚げてないドーナツをみつけました。

苺味をひとついただきました。

豪徳寺到着です。

鶴吉、二回目の訪問です。


でも、前回は何にも知らずに立寄ったという感じでした。
今回も、何にも知らないのですけど。

少しだけ、調べてみました。井伊直弼の墓があるとか。
招きネコがたくさんあるとか。

ありました。
招きネコ。


こんなに小さいのまで。


でも、どうして豪徳寺に招きネコがいるのかまでは調べない、なんとも薄っぺらい鶴吉です。

井伊直弼のお墓もありました。
熱心な方々が、お墓の周りで記念撮影していたため、お墓の写真はなしです。
鶴吉、お墓には興味がありません。

さてと、豪徳寺が終点のつもりでしたが、興味深いものを発見。
烏山川緑道です。
なんだか、山だか川だかわからない道ですなぁ。
まて、まて、世田谷に烏山っつーところがあったから、烏山に流れる川ってことに違いない。

世田谷線宮の坂駅近くに、その烏山川緑道をみつけたのでした。
宮の坂駅付近の世田谷線です。

遮断機が開いてから撮ってみましたが、もう電車は彼方向こうに。


烏山川緑道。せっかくですから、少し歩いてみましょう。

歩いてみてわかりました。水の流れる音がします。
烏山川緑道は、烏山川を暗渠にした道に違いないです。

これはナンテンの花でしょう。今まで、意識したことはなかったですが、
ナンテンでしょ?


これが赤い実になるのでしょう。

この時期は、やはり、紫陽花ですね。
烏山川緑道の少し変わった紫陽花を紹介します。

白いのやら、


ピンクのやら


これは、さっきの白と種類は同じですね。


こちらは、ちと変わり者です。



これは何とゆう花でしたっけ。
実家の裏の畑に咲いてました。
夏休みを思い出します?夏休み?
夏休みには、ちと早いですね。
違う花なのでしょうか?


クチナシの花をみつけました。

けっこう、強烈な匂いがします。

いまでは指輪も まわるほど
やせてやつれた おまえのうわさ
くちなしの花の 花のかおりが
旅路のはてまで ついてくる
くちなしの白い花
おまえのような 花だった♫

見事に一番を歌いきった鶴吉です。
旅路のはてまで ついてくる

地獄のはてまで ついてくる
と、唄っちまって、ひとりニヤける鶴吉でした。

ぶらぶら歩いていたら、環七にでました。
若林踏切です。世田谷線が環七と交差する踏切です。

電車が、信号待ちしているところです。

信号が変わり、車側が赤信号。世田谷線が、踏切を渡ります。

と、いう事は、もうすぐ三軒茶屋。
今日は三軒茶屋を終点とします。

三軒茶屋駅到着が、15:30。
4時間半のお散歩でした。
結局、駒沢大学前から三軒茶屋まで、一駅区間の散歩となりました。

■補足
6月17日(日)に散歩いたしました。
Blogの更新は、翌日18日の夜になってしまいました。
  1. 2012/06/18(月) 23:40:49|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅雨空の土曜の朝

目が覚めたら、9時。
土曜日は明るくなる前に目が覚めるのに、珍しい事もあるもんた。

今日は雨だとゆうから、早々と釣りはあきらめた。
やっぱり、雨が降ってる音がする。

紫陽花が、満開ですな。
ご近所さんの庭の紫陽花、あんまり綺麗だから。


今度は、中から撮らせてもらおうかなぁ。
  1. 2012/06/16(土) 11:44:18|
  2. 自然
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

トホホ

仕事が忙しくて、釣りにいけねぇ。
トホホ。

忙しいので、ミスしてしまい、余計な仕事を、つくっちまう。

土日は、休めてるからいいけど、どうしても休養が優先になっちまう。

明日、釣りに行ってリフレッシュするか。
でもなぁ、月曜日は納品だしなぁ(泣)


海が俺を呼んでるぜ。
  1. 2012/06/15(金) 07:22:01|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

鶴吉が欲しいもの

この歳になって、野原や他人の庭に咲いている花木が気になり、名前が知りたくなります。

そんな要求に答えてくれるアプリもあるようですが、鶴吉はそれでは満足しないのです。
できるなら、祖父母か親から教えてもらいたい。
遠くにいるからそれもかなわず。

ならば、子どもとの会話の中でその花の名前を知りたい。

人とのつながりの中で、その名前を知りたい。

こんな真珠のような蕾がこんな花を咲かせる。


これは、何ていう花だろう。
  1. 2012/06/12(火) 23:13:17|
  2. 自然
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

桜新町から駒沢大学

先週の土曜日は、一日中雨でした。
関東も梅雨入りです。
釣りにいく予定でしたが、中止になりました。

昨日の日曜日は、いい天気。
いつものように、昼からお散歩です。

前回は、桜新町で終わりましたので、今回は、桜新町から出発です。

前回はこちら

桜新町の駅を出て、先ずは毛のチェック。

波平さんの毛の移植に成功したと報道されてましたので、確認します。
確かに、しっかりと力強く1本あります。

波平の周りは、以前より人が増えたようです。
桜新町商店街、してやったりってところか。

さて、ランチです。
ネットで探すも、これというところが見つかりません。
デビット伊東が経営するラーメン屋に行くことにしました。
その名も、でびっと。

サザエさん商店街にあります。

正午過ぎの日曜日という事もあり、三組の待ちがありました。
待っている間に、アルバイトの女の子が、注文をとっていくのですが、何となく要領が悪い。

15分程待たされてカウンターにつく。
みると、先に入った人には、ラーメンがでていない。ラーメンつくるのに、十分な時間があったはず。
要領が悪い。鶴吉は、こうゆう頭の悪いやり方が嫌いなのよね。

カウンターで待つこと10分。ようやく出てきた醤油トンコツがこちら。

特に特長のないラーメンでした。
桜新町には、ラーメン屋が少ないのが原因かな?

行列が出来ていたのは、繁盛しているからではなく、店員の要領が悪いため客の回転が悪いからであろう。

厨房をみれば、アルバイトだけでやってるような感じがした。

さてと、気を取り直して散歩しますか。
桜新町駅まで戻ります。
先ほどの波平から、通りの反対側に、サザエさんとタラちゃんを発見。

しかも、タラちゃんのつむじには、波平と同じ特製の毛が三本。

これはいらないのでは?
こっちは、いたずらされないのかなぁ。

駒沢大学の方に歩きます。
桜新町駅前の道は、暫くすると国道246号線に合流します。


246を渋谷方面に歩くとほどなく駒沢大学、駒沢公園への道を右にまがります。
ここまで来て、駒沢公園に行かないことはありません。

駒沢公園は、いろんな人がそれぞれに楽しんでいます。
鶴吉、売店で缶ビールを購入。
ベンチでマッタリしていると、応援の声が聞こえます。
何の応援かな?

声のする方に行ってみます。
アメリカンフットボールをやってました。
早大学院VS足立学院。

高校生?
東京の私立は、高校でもアメフトがあるのね。

お隣のグランドでは、サッカーの試合です。先ほどの応援の声は、こちらのようです。

国士舘VS駒沢大学。
こちらも高校生のようです。先ほどから、大きな声で応援していたのは、国士舘のようです。

赤のユニホームが、国士舘。白のユニホームが駒大高校。
スポーツ好きの鶴吉。いつまでもみてしまいます。

今日は、散歩に来たのですから、移動します。


飛び込み台を発見。プールがあるのでしょうか。


時計台です。下には浅い人工池が。
これでは飛び込めません。(笑)

鶴吉、駒沢公園は二回目で、よくわかっていません。

この人工池の畔に座って休憩です。
池にはカルガモの赤ちゃんがいるではありませんか。

小さくて見えないかも知れませんが、真ん中の木の橋の上にいます。
もう1羽、泳いでいます。

隣にいたおばさんが、話しかけてきました。この前は、6羽いたそうです。
きっと、カラスにやられるんでしょう。

先ほどのサッカーのグランドから、歓声が聞こえます。
鮮やかなゴールがうまれたのでしょうか。気になります。

鶴吉、すごすごと見にゆきます。
なんと、試合は終わってます。
国士舘が勝ったもよう。応援団が大はしゃぎです。応援団と言ってもサッカー部員ですが。

いったい、何人の部員かいるのでしょう。5-6チームは楽に作れそうな人数です。前のサッカーの写真、選手のむこうに大勢見えるのが、応援団です。
選手が応援団の前に整列。
ありがとうございました
応援団、はしゃぎすぎです。

駒大高校の応援団は、ほどなくが父兄といった感じ。
こちらも、選手が整列します。
目がしらを押さえてる選手もいます。

キャプテンのありがとうございましたの声に、選手は頭を深く下げ、応援団から暖かい拍手が。
鶴吉も、拍手を送りました。

後で調べたところ、インターハイ東京都予選のようで、勝者が来週、あのシード校帝京高校とあたるみたいです。

サッカー部の三年生は、この大会が最後なんでしょうか。
正月の高校サッカーは、三年生はいないんでしたっけ?

いずれにしても、敗者が美しい高校生の試合でした。

その後、駒沢大学前駅まで戻り、本日の散歩は終了です。
  1. 2012/06/11(月) 23:19:16|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

トケイソウ

何だ?この花?

どうやら、時計草らしい。

雄しべが、時分秒の短針、長針に、花びらが文字盤に見えるから、時計草というらしい。

変な花ですねぇ。初めて見ました。

英名は、パッションフラワー。
情熱という意味ではなく、受難という意味で、キリストの受難ということらしい。

キリストが張り付けられているように見えないでもない。

パッションフルーツは、時計草の仲間らしい。
鶴吉は食べたことないけど。
  1. 2012/06/08(金) 07:21:45|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アジサイの季節

あちこちに、アジサイを見かける季節となりました。



アジサイは、いろんな種類があるんですね。

こんなに変わったアジサイを見つけました。
↓アップにするとこんな感じです。

これは、カシワバアジサイといい、アメリカ産ということです。

鶴吉は、ガクアジサイが好きです。
それから、日本原産のヤマアジサイが好きです。

この写真は、川崎市宮前区の畑で見つけたアジサイです。

はではでなアジサイもいいですが、山にひっそりと咲く紫陽花が、なんとなくいいんです。
  1. 2012/06/05(火) 22:57:13|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月2日の釣り

先週の土曜日(6月2日)。釣りに行ってきました。

メンバーは、おいちゃん、キンコちゃん、そして鶴吉です。
もしもし君は、今回も仕事です。最近は、なかなかスケジュールが合いません。
次回こそ、一緒に行きたいものです。

場所は、暮浜港。前回、海タナゴがいっぱい釣れた所です。
先々週、江の島単独釣行で、みごと初メジナを釣り上げたおいちゃんに、もう一段上にステップアップしてもらおうと企画しました。

午前7時前に、現地着。
先行の釣り人がいっぱいいます。
もはや、ここは知る人ぞ知る釣場ではなくなりました。

エギンガーが7人。小さな港ですので、もういっぱいとゆう感じ。

我々、お魚アイゴ団体の面々は、緊急ミーティングを開きます。
イカ狙いですから、日が高くなったら帰るだろうと予測。
1番右側に入れさせてもらうことにしました。

挨拶をしたら、どうぞと快く了解をいただきました。

ですが、引き潮で我々が入った右側は浅くて少し沖に投げないと釣りになりません。
ですが、おいちゃんもキンコちゃんも上手に投げます。
キンコちゃんはもともと上手でしたが、おいちゃんがこんなに上手になったのには驚きました。
鶴吉達は、ウキフカセ釣りでメジナ、タナゴ、メバルを狙います。

しか~し、釣れるのは、ベラ、ネンブツ、フグのみ。
コマセを投げると真っ黒にエサ取りが群がります。
この前まで、ベラさえも釣れないでボウズの連続だったおいちゃんが、簡単に釣り上げます。
おいちゃんの上達と、エサ取り達が活発になった両方の要因があるのでしょう。

さて、お隣のエギンガーの皆さん。金曜の夜から投げてんだとか。
しかし、誰も釣れてないんだということです。

やがて、ひとり帰り、ふたり帰り。
エギンガーはとうとう2人に。
粘りに粘ったお兄さん。ようやくアオリイカを上げました。
嬉しそうです。
アオリイカに関しては、城ヶ島よりここの方が釣れるんだとか。なにより、マッタリできるのがいいとのこと。
同感です。

さて、鶴吉たちはといえば、

こんなのばっかり。

ところが、事件はその時起こりました。
潮が上げ始めた頃、そろそろ本番用に、コマセを仕込もうとしたその時です。
パシュッ!
鶴吉のウキがなくなりました。

竿を立てると強烈な引き。
グイグイ
メジナか?いやいや、この引きはやっぱりアイゴか?
でも、初めて経験する強烈な引きです。

もしかして?
とうとう
鶴吉にも。
きたぁ~
夢にまで見た
クロダイが、
きたぁ~


まさかとは思うが、この強烈な引きは、違いない。

少しずつ引き寄せ、その姿がボンヤリと。
それは、今まで見たメジナでも、アイゴでもありません。
色は黒だ。
クロダイだ!

さらに、引き寄せ、いよいよその顔がみえました。
「ボラだ」
隣のエギンガーの兄さんと、鶴吉の声が重なりました。
「ボラだ」



ボラでした。
ボラボラボーラです。

最高の引き。ボラちゃん。

鶴吉にとって、いっちゃん大きい魚になりました。
これを越える魚は、シーバスとゆうことになるんでしょか?
あいや、これを越えるメジナやチヌを釣ってやる。

●三人の釣果
ベラ多数、ネンブツダイ多数、フグ少々、
メバル小1、コッパメジナ1、
ボラ1。
  1. 2012/06/05(火) 07:10:25|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。