鶴吉、今日も乾杯。釣りに乾杯。魚に乾杯。

日々の出来事について書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外苑から広尾、そして目黒駅。

2015年12月27日 日曜日。

外苑からもう少し歩きました。

しばらくすると、旧鎌倉街道の文字が。
鎌倉街道は鎌倉から府中市の方に行くんだと思ったけど。
この辺を通るのかなぁ?



青山熊野神社です。


茅の輪くぐりがあります。年末用でしょうか。
今日はもちろんくぐりません。


外苑西通りを西麻布まで。
来た道を振り返りました。右側に青山霊園。



行先には、六本木ヒルズが見えて来ました。



西麻布の交差点に変わった建物があります。

これは、レストラン。権八だそうです。
ブッシュ大統領と小泉首相がここで会食したらしいです。

牛坂。


Wikipediaで調べると、
源経基や白金長者の伝説もあるこの笄橋に下る古道で、牛車が往来したことからこの名が付いたと考えられている。
とありました。

えっ?
写真の柱の説明と同じじゃん。
Wikipediaの説明をコピペして標識とするなんて、なんとまぁと思いました。
標識を立てるなら、Wikipediaからコピペなんかしないでほしい。

ところが違うんですね。
Wikipediaが、この港区が立てた標識から引用したのが本当のところのようです。
Wikipediaの脚注に説明がありました。

いつの間にか何となく、Wikipediaが正しいと思ってしまうのは、要注意ですね。


源 経基(みなもと の つねもと、源 經基)って、どんな人だったのか。
少し、興味深いのですが。今度調べてみましょう。

牛坂はこんな感じです。今思うと、ここを登った方が良かったかもしれないです。

行く当てのない散歩だからね。

何かに出会えてかもしれないです。


ところが、この日はここをスルーしたことで、面白いものに出会えました。

明治通りに進路を変えます。それに意味はいりません。行き当たりバッタリ。

88広尾店。

TANN.HARAMI.REBASASI.MINO.TOKUSENDARE
なんと言う看板なんでしょう。さらに、ここが玄関です。


明治通りから進路を南へ。恵比寿橋。

ここが、恵比寿橋。これ、何川?
上流に渋谷橋ってのがあるらしい。


少し行くとサッポロビールの文字。

サッポロビールの麦芽100%ビールがヱビスビールでしたよね。
ヱビスビールと恵比寿のつながりってなんでしょう。


味音痴な鶴吉。ヱビスビールとスーパードライと発泡酒をじっくりと飲み比べてみようと思います。


そして、ようやく山手線。


ちょうど、山手線がすれ違いました。



すると、驚きの光景が。
なんじゃ、あの赤玉は。

知らなんぞ。何だか不気味な赤玉でありますなぁ~。


なんやこれ。
近寄ってみたくなりますよね。


住宅街からこんな風に見えます。爆発しなきゃいいけど。


壁の隙間から隠し撮り。
何かの施設みたいです。


真横から見るとこんな感じ。
ビルのデキモノのような。出来心のような。


なんと、日の丸自動車学校の建物のようです。
こんな建物、以前からあったのでしょうか。

衝撃。感動。


ようやく目黒駅に到着で、本日の散策は終了です。

いやはや、今日は10kmほど散歩したでしょうか。
毎日、これくらい散策できたらいいんですが。
街はおもしろいですね。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 23:59:40|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

外苑を散策

2015年12月27日 日曜日。
鶴吉が尊敬するユウサクさんのBlogに触発されて、取り壊された国立競技場跡地を散策して参りました。

目的は、
・国立競技場跡地の状況
・ホープ軒のたたずまい
・霞ヶ丘アパートの昭和かげん
・外苑マーケットの状態
・外苑のイチョウ並木がどのようになっているか
等々なのであります。


どのようなルートで行こうか迷ったのですが、とりあえず、青山一丁目で降りてイチョウ並木を見てみることにしました。

青山一丁目の駅から青山通りを渋谷方面に歩きます。
祝日でもないのに日の丸国旗が上がっています。
今日は何の日。何故に国旗が。
■青山通り 

調べてみると外苑前商店会が掲揚しているようです。

おや?日の丸の向こうに。
■日本オラクル
国旗の向こうに日本Oracleのビルが見えます。道路右側の一番向こうのビルです。

ビルのてっぺんにORACLEのORAの文字が見えます。
ORA-12560:TNS: プロトコル・アダプタ・エラー って看板出てたら笑っちゃうね。
さてと、外苑のイチョウはどうなっているでしょうか。

確か見ごろは12月初旬だったと思うが、今年は暖かいからね。

じゃじゃーん。

みごとに落葉してます。
■落葉の外苑銀杏

日曜日のここは、テニスコート使用者以外は車での侵入が禁止されているようです。

なのに、けっこう車が入ってきます。
とうとうバスまで進入してきたと思ったら、道路を塞ぐではありませんか。
■道路を塞ぐバス

何やっとんの、と思ったら、何とUターンです。

乗っているのはアジア系の観光客。
外国観光客は大切ですが、こんなところでUターンは有り得ないでしょう。
特別に許可とっているんでしょうか。

■聖徳記念絵画館

イチョウ並木の向こうに見える「聖徳記念絵画館」はきれいにみえますが、この位置から見るとなんだかパッとしないね。

もっと近づいて、この位置から見るとカッコいい。
■近くから聖徳記念絵画館

入場料¥500のようですので、次の機会には入ってみたい。今日はだめです。
この先の予定がいっぱいだから。
今日は回りの観察だけにしました。

■絵画館前のシロマツ

赤松、黒松は見たことあるけど、白松は初めて見る鶴吉です。

■シロマツの説明

説明板の右上がシロマツの幹です。

■シロマツの樹皮

樹皮が白いからシロマツって言うんだね。きっと。
これは落ちていたものです。剥いだんじゃありません。

■門松

シロマツの次は門松。
ジュウシマツにオソ松といきたいところですが。


さて、いよいよ国立競技場の跡地に近づきました。
どうなっているのか。
きれいに更地になっており、周りを高いフェンスで覆われていました。

フェンスの隙間から覗き込むと、きれいに更地です。
右側の塔のような建物は、新宿のdocomoのビル。その手前は東京体育館でしょう。
中央やや左に都庁の建物です。

高さ3m位のフェンスが、線の様にしか見えないので、かなり広いのです。

この跡地をぐるっと一周してみます。
それは、懐かしきホープ軒の前を通るためなのです。

14時を回った頃ですが、人は入っているようです。


路駐の車はラーメン食べてる人達の車じゃないかなぁ?
ほら、取り締まりが始まった。

ラーメン食べて駐車違反はきついよね。


今日はホープ軒には寄りません。
ユウサクさんが、「昔の思い出を大事にされたければホープ軒で食べるのは微妙かもです」とアドバイスいただきました。
昔と比べて、ラーメンの経験値が上がってインパクトが薄いだろうという事のようです。

なるほど、そうかもしれません。
近年のラーメン事情は大変なことになってますよね。ひとつの文化になってます。
でも、鶴吉は食べます。次の機会に吉祥寺で食べます。

昔、食べた吉祥寺店で食べます。今度、吉祥寺に行って必ず食べます。

さてと、霞ケ丘アパートに寄ってみましょう。

空き部屋が8割って感じですかね。

1964年の東京オリンピックのために、国立競技場を作るために、移転させられた人達の為に建てたのが、この団地なんだとか。
そして、2020年の東京オリンピックの為にこの霞ケ丘アパートは取り壊されるんだとか。
もしもそれが本当だとしたら、どう思っているんだろうか。
移転してこの団地に入り、今回の為に移転する人達がいるかどうかは分かりませんが、東京オリンピックのことをどう思っているんでしょう。


外苑マーケットです。この写真を撮ろうとしていたら、唯一残る店舗、井上青果店のおじさんが出てきました。


これから休憩だからごめんな~と言って、出かけて行きました。

12月30日で閉店と張り紙があります。
本当に、最後に訪れる事が出来ました。残念ながら、買物をする事は出来ませんでしたが。


今回、競技場はA案に決まりました。
取り壊された競技場の正式名称は、国立霞ケ丘陸上競技場っていうんですって。

国立競技場と言うのは、国立霞ヶ丘競技場・国立代々木競技場・国立西が丘競技場(現味の素フィールド・西が丘)全てを言うそうです。知ってました?

今回建築する「国立競技場」の正式名称は、何て言うのでしょうか。

散策は後半に続きます。
  1. 2015/12/27(日) 23:58:55|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

葉山散策

葉山の町を歩くのは、初めてなのであります。

葉山散策の目的は、三浦半島でダンゴ釣りができるポイントとして、ある方から教えていただいたので、そのポイントの偵察という訳であります。

某漁港の堤防なのですが、知ってる方はあそこねってすぐにわかる場所なんでしょうね。


もうすぐ、関東にも梅雨入りが発表されそうな、そんな空模様です。
けっこう、日差しは強かったですけど。



海岸沿いをぶらぶらと散策したのですが、やはり魚を追ってしまいます。
この辺りでは、穴釣りなんか面白そうですよね。


森戸神社の辺りからパチリ。

鶴吉は、森戸神社の正面から来たのではなく、海岸沿いから登って森戸神社の境内に入りました。

拡大して明るくしてみると、源頼朝を祭っているようです。

この松が、千貫松という松で、頼朝公が綺麗な松だなぁと言ったとか。

この地域は頼朝のゆかりの地ですものね。


さて、
次の写真は、
グロいので、見たくない人はスキップしてください。

途中の海岸で、みつけたものです。

魚の死骸です。

リュウグウノツカイかと思いました。

キンコちゃんは、アナゴの一種だと言いますが、こんなアナゴ、見たことないでっせ。

グロいので、閲覧注意です。



鶴吉の足と比較すると、150cmから200cmはありそうです。

背ビレの辺りが、アナゴと言うよりリュウグウノツカイに思えるのだが。



グロいのに閲覧してしまった皆様。
リュウグウノツカイだと思う人は、いいねボタンをよろしく。

  1. 2015/06/07(日) 23:59:00|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

三浦海岸の生き物

3月8日の三浦海岸桜祭りの帰り道。

歩道に珍しい野鳥がいるのを発見しました。

どこにいるか分かりにくいですよね。

初めは鶯かと思いました。
いえ、この写真を撮っている間は鶯だと思って撮りました。


怪我をしているのかと思うほど、我々から距離を取りません。
鶯をこんなに近くで観ることができるのは、めったにありません。
普通は藪に隠れたり、飛び立ってしまいますからね。

三人でそっと囲い込み作戦を実行しました。
包囲されたのを悟ったのか、一瞬固まったときに撮った写真がこれです。

この写真を撮ったのはキンコちゃんです。
鶴吉の方には尻尾を見せています。友人Fの角度ですと草が邪魔します。


この辺のことが、釣果にも表れるのでしょうか。
多分、キンコちゃんは人間の気配やら臭いを消しているんでしょう。

鶴吉なんぞは、前の晩のアルコールを発散させ、キョロキョロ動くものですから、ダメなんでしょうね。

写真を見て、鶯ではないと気付きました。
なんて言う鳥でしょうか。
今のところ、アオジが有力候補なのですが、野鳥は詳しくないもので。


さて、その他の生物はと言えば、ヒヨドリやらカモやらがいましたが、綺麗に写真に収めることはできませんでした。

ただし、あの池にはこんな看板が。

こいつが居るとすれば、本当に危険です。
ブラックバスを放流したバカ者がいたらしく、小魚は全滅したとか。

カワセミを観ることができるか期待していたのですが、その気配は全くありませんでした。
  1. 2015/03/12(木) 07:55:42|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三浦海岸の河津桜

三崎港の風は思ったよりもずっと強く、とても竿を出す勇気がありません。

3月8日の日曜日。
まだ8時前に三浦半島、三崎港に我々はいます。
これから何して遊ぶ?って感じですね。

遊び大好きグループが次に向かった先は、三浦海岸の桜祭りです。



三浦海岸の桜祭りと耳にした時は、海岸線に桜が咲くのかと思いましたが、違うのですよ。

三浦海岸駅から小松ヶ池公園までの線路沿いの桜並木の祭りなのですね。

初めての三浦海岸駅です。

駅のすぐ近くに、臨時駐車場がありました。
小松ヶ池公園の近くにも臨時駐車場がありました。
どちらに停めてもいいでしょう。
三浦海岸駅から約1kmですので、ぶらぶら出来ますから。

三浦の桜祭りは河津桜です。
駅前の桜は満開で、葉も出始めましたが綺麗でしたよ。


ソメイヨシノも情緒があって綺麗ですが、河津桜はボリュームがあり長持ちしますので、見応えがありますね。

たわわな河津桜と桜祭りの提灯。

そして、線路。

丁度、電車が発車します。


通過しました。

鶴吉は決して電車オタクではありません。
でも、電車の写真は絵になるんですよね。

さて、祭り会場まで歩きましょう。


菜の花も見頃です。


やっぱり、京急電車と河津桜の構図がさまになります。


かわづ桜と京急のこうず。

小松ヶ池に到着です。

この池には伝説があるらしいのです。
石碑に書いてありました。

この村に昔、お松という嫁がおったそうな。
お松はいつも姑にいじめられていたそうな。
ある日、お松は今日中に広い田んぼの田植えを終えるよう、命じられたそうな。

朝早くから田植えをしたものの、とうとう日が暮れたそうな。
お松は、あと半刻あれば田植えは終わるものをと嘆いたそうな。
するとどうゆう訳か、日はまた登り、田植えを終えることができたそうな。

めでたしめでたし。

ではなく、お松の目の前に沼が現れ、お松はその沼に飲み込まれたそうな。
くわばらくわばら。


その沼がこの小松ヶ池ということなんでしょう。
最後のオチはなんなのでしょうか。




屋台も出店するようですが、まだ朝早く、準備中でございました。


池の向こうに京急電車が通過しました。


河津桜は花がしっかり付きますので、見応えがあります。

帰りは畑の中を通って行くことにしました。
振り返ると、そこには、お松の小松ヶ池がありました。



畑と河津桜と住宅です。

この辺の畑は言わずもがな、大根畑が多いのでございます。


三浦大根は江戸時代から練馬大根とシェアを競ってきたそうです。
神奈川県人として三浦大根は消費したいですね。

大根焼酎なるものもあるようです。今度、呑んでみたいと思います。



  1. 2015/03/10(火) 18:57:18|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。